よくあるご質問と答え

Q 採用後、直ちに正社員になれるのでしょうか

A まずは「準社員」というステップを踏んでいただきます。これは1年ごとの契約制となります。一般的には準社員として3年から4年程度の経験を積んでいただき、技量の安定性や人間性を見極めた上で正社員に登用する流れとなっております。
 詳しくは担当までお気軽にお問い合わせください。

Q 競馬に関する予備知識が必要でしょうか

A 必要ありません。競走馬の心理的特性など業務上必要な知識については入社後の教育で十分に習得いただくことが可能ですのでご安心ください。

Q 馬に触ったことがないのですが

A 特に問題ありません。馬の積み下ろし自体は馬運車に同乗する担当厩務員が責任をもって行うので、操縦員が直接馬に触る必要はありません。弊社が行うのは馬具や飼料の積み下ろしなどのお手伝いまでです。
ただし、馬の近くで仕事をすることは確かですので、蹴られたり踏まれたりの怪我を負わないように、常に周囲への注意を怠らないことが重要です。また、入社後の研修では馬の動きや習性についての理解を深めていただきます。

Q 入社後の研修とは?

A 入社後、3ヶ月は研修期間になります。その間に、馬運車を操縦するに当たって必要な技術、知識を修得していただきます。研修修了後、一人前の操縦員として実際の競走馬輸送業務に就くことになります。

Q どのような免許が必要ですか。

A 馬運車の運行には大型1種免許が必要です。

Q その他、入社に必要な条件はありますか。

A 競走馬輸送という特別な運行に携わっていただくため、大型車両の実務経験1年以上の方を歓迎しております。なお、馬運車のサイズは全長12mです。詳しくは担当までお気軽にお問い合わせください。

Q 車両基地が茨城県の美浦村ということですが、周辺に居住する必要がありますか

A 原則として営業所まで30㎞圏内からの自動車通勤を認めております。

Q 現在、営業所の30km圏外に住んでいるのですが(社員寮や社宅がありますか)

A 弊社での勤務に当たり、遠方にお住まいの方には、希望があれば社宅に入居することもできます。詳細はお問合せください。

Q 競馬は週末だけ行われるようですが、仕事は土日だけですか

A 金・土・日の競走馬輸送がメインになります。中央競馬は毎週2又は3の競馬場で並行して開催されておりまして、このうち関東地区の二大競馬場(東京競馬場・中山競馬場)への輸送については「日帰り」が原則ですが、関西地区(京都競馬場・阪神競馬場)やその他の地区(札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉)への競走馬輸送は開催の前日までに行われ、また帰りが競馬の翌日以降になることもあります。それ以外にも、弊社は中央競馬と地方競馬の交流競走のための輸送も請け負っているほか、平日にも競走馬を牧場へ運ぶ(放牧)輸送や乗馬の輸送など、多くの輸送の仕事が存在します。

Q 職場の人間関係はどうですか

A 人それぞれの受け止め方があるとは思いますが、総じて明るく風通しのよい職場だと感じております。社員の定着率は、ほぼ100%に近いです。

Q 輸送は一人で行なうのですか

A 長距離は2人乗務で、中距離までは1人乗務の場合もあります。トレセンから各競馬場への輸送の多くは集団行動となります。積み降ろしを含めて、社員どうし協力し合いながら輸送しています。

Q 操縦員以外の職種への転換はありますか

A 一般の会社組織と同様に営業や管理的な職種も存在します。ただ、弊社の場合、通例は操縦員として入社いただき、一定期間の勤務の後に各自の適性や希望も勘案し尊重しながら次のステップに進んでいただくことがほとんどです。

Q 馬運車に書かれているのは馬の名前ですか

A 競馬の発展とともに走り続けてきた弊社の歴史を象徴するものとして、ダービー馬や年度代表馬を中心に日本の競馬の歴史を彩った幾多の名馬たちの名前を採用しています。
最も古いものは第1回日本ダービー(昭和7年)の優勝馬「ワカタカ」です。

Q 正直、古い競走馬については世間の大半は馬の名前だとすら認識できていないと思いますが、自己満足ですか(笑)?

A よいご指摘ですね(笑)競馬の歴史と伝統を、競馬を知らない多くの皆さんにもうまくアピールできるのが理想です。よいお知恵があれば是非、お聞かせください。

PAGE TOP